2007年11月02日

イギリス文学史Uレポート分冊1

4つの課題の中から1つ選んで答える課題。ここでは第一次大戦前後のイギリス小説家を紹介する課題を取り上げる。基本的にテキストをまとめればよいが、文学史の勉強ではできるだけ作品に触れることが望ましいだろう。以下の作家・作品を取り上げれば十分であろう。

■ヴィクトリア朝時代
ハーディ『テス』
ヘンリー・ジェイムズ『使者たち』、「意識の流れ」の手法
コンラッド『ロード・ジム』

■ヴィクトリア末期
スティーブンスン『宝島』『ジキル博士とハイド氏』
ギッシング『ヘンリ・ライクロフトの私記』
キプリング『キム』
オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの画像』、「世紀末」作家の一人。

■エドワード朝作家
ウェルズ『トーノ・バンゲイ』
ベネット『二人の女の物語』、モーパッサンの影響
ゴールズワージ『フォーサイト家の記録』
モーム『人間の絆』『月と六ペンス』
フォスター『ハワーズ・エンド』『インドへの道』

■第一次大戦後
ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』、印象主義的心理小説、『灯台へ』
ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』
D.H.ロレンス『息子たちと恋人たち』『チャタレー夫人の恋人』
posted by 日本大学通信教育部文理学部文学専攻(英文)単位取得マニュアル at 00:30| Comment(17) | TrackBack(1) | イギリス文学史U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。