2007年10月19日

英語音声学カモシュー対策

英語音声学の試験は平成19年度から担当の先生が代わり、非常に簡単になった。レポート作成時にしっかり母音・子音を中心にテキストを整理してあればカモシュー対策は非常に楽であると言える。一つ注意すべきことはGAでの発音記号を書けるようにしておくということだろう。

試験問題で特徴的なことを記しておくと、まず大問1でIPA表記された比較的長い文章をアルファベットに、つまり普通の英文に書き直すという問題が出る。これはある程度英語の力があれば何の問題もない。

それから母音と子音の音声学的分類の基準を記す問題が必ず出るが、これはレポートで勉強しているのでできるはずである。母音の分類基準は舌の位置(前中後)・舌の高さ・円唇母音か平唇母音かの3つ、子音は構音点・構音法・有声音か無声音かの3つである。あとは問題に出てくる単語の下線部の音をレポートでまとめたように説明していくだけでよい。

なお、それ以外に強勢パタンや音調パタンについての問題が出されるが、これはテキストそのものから出るというより、テキストの該当箇所を理解した上でそれを応用して考える問題である。基本的にはレポートでまとめた強勢・音調の部分の考え方を本当に理解できていれば何も難しいことはない。逆にこれが難しい、わからないという人はテキストの読み込みが甘いといえる。大学生としてそのようなテキストの読解力しかないのは恥ずべきことであると心得た方がよい。
posted by 日本大学通信教育部文理学部文学専攻(英文)単位取得マニュアル at 22:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 英語音声学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

( 音声学 )についての最新のブログのリンク集
Excerpt: 音声学に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
Weblog: クチコミコミュニケーション
Tracked: 2007-12-18 15:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。