2007年10月19日

英語音声学レポート分冊2

レポートを書く際の注意は既に分冊1のところでしてある。

分冊2ではまず子音の特質を述べる必要がある。子音の特質はp.93に書かれている通り、有声音と無声音、抑止音と継続音があること、唇・歯・歯茎・舌・口蓋・声門などで構音されること、母音に比べ呼気の流れが阻害されることである。

子音の音声学的分類の基準は主に4つある。
1.声帯が振動するかしないか、つまり有声音か無声音か
2.構音点(両唇音・歯音・歯舌音・歯茎音・硬口蓋音・軟口蓋音・声門音の7つ)
3.構音法、すなわち呼気の出し方(破裂音・摩擦音・歯擦音・鼻音・半母音の5つ)
4.時間のかけ方、すなわち抑止音と継続音がある。

p.18のような子音表を参考にするときれいに整理できる。ただし、p.18の表には不備がある。[l]の音がどこに入るか記されていないのだ。それはテキストを読めば自ずとわかるはず。

まとめ方は羅列でよい。
【例】
1.
有声音:m,n,b,d,g…
無声音:p,t,k,f…

なお、一つでも抜けがあると不合格になる可能性が高いので、テキストに言及されている25個の子音全てをどこかに分類すること!これは重要です。

後半の課題は強勢と音調についてまとめる課題である。これもテキストをまとめればよいので難しくはないが、レポートの次数をかんがみると取捨選択が重要になる。

語の強勢については二音節語、三音節語両方に言及する。文の強勢については原則、すなわち重要な単語ほど強く読むということを記した上でその例外を網羅的に記すとよい。

音調については1,2,3,4という表記について記した上でテキストに言及されているパターンを網羅的にまとめること。3-1-3パターンを落とすと不合格になるので要注意。

以上、音声学のレポートは内容は難しくはないが、テキストの記述が冗長なため、整理するのに骨が折れ、そこでやる気がそがれる可能性がある。これは全くテキストが悪いのであって、もっと整理されたテキストに改変すべきである。
posted by 日本大学通信教育部文理学部文学専攻(英文)単位取得マニュアル at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語音声学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
音声学のレポートは難しいとの評判を聞いた上、1、2分册とも不合格だった為に、すっかりやる気が萎えていた時に、このブログを見つけました。私にとって、「天の声」
「救世主」です。今後とも、どうぞアドバイスを宜しくお願いいたします。

Posted by 梁瀬 ちゆき at 2008年10月01日 12:40
私もこのレポートを丁度書いていて、どう書いていいか分からず困ってました。とても参考になりました。ありがとうございます。
今後ともお願いします。
Posted by chi at 2009年01月20日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61460603

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。